等級と労働能力喪失率

交通事故で、将来的にも障害を負うことになるのが、後遺障害です。生涯にわたって後遺障害が残ることを意味していますので、それまで働いていた人は労働能力を損失してしまうことにもなります。労働能力の損失は、働けなくなる、つまり収入が途絶えるということ。それでは暮らしていけなくなってしまいますから、何かしらの形で保証を受けたいところです。保障制度を利用するために必要になってくるのが、後遺障害等級認定です。後遺障害等級認定の取得は、慰謝料の請求額にも大きく影響してきます。将来的な労働能力損失率を算出するためにも、関係する等級認定。その取得は、適正に行われるのが望ましいことです。

もしも、適正な等級認定を取得できず、実際の後遺障害よりも低い等級に認定されてしまったら、慰謝料や損害賠償金なども低くなってしまいます。適正な後遺障害が認められなかったがために、実際に失うことになる労働能力よりも損失率が低いとみなされてしまうわけです。交通事故後、一生にわたって心身に後遺障害が残ってしまうのは辛いこと。これまで通りに働けなくなるうえに、その保証も適正に受けられないというのでは、拠り所をなくしてしまっても不思議ではありません。