等級と適正な慰謝料

適正な後遺障害等級認定を取得できると、適正な慰謝料を請求できる可能性が出てきます。しかし、一筋縄ではいかないのが、後遺障害等級認定の取得です。特に、画像などには示されない痛みや不快な感覚に苦しんでいても、それを書面で証明できなければ、適正な等級認定は受けられません。実際の苦痛よりも低い等級認定になってしまったり、最悪な場合は等級認定を全く受けられなくなったりすることもあるのです。より適正な等級の認定を取得するためには、申請を被害者請求にて行う方法があります。ただし、この手続きは、加害者側の保険会社に依頼する事前認定よりも難関です。そのため、早い段階で、弁護士に相談することをおすすめします。

事前認定の申請を行った場合でも、等級の認定に意義があった場合は、保険会社に申し立てをすることができます。不服があれば、焦って書類に判を押さないことです。保険会社に異議の申し立てを行う際にも、弁護士に相談すると、よい解決策を得られます。交通事故被害の後遺障害問題に実績のある弁護士であれば、認定経験が豊富。後遺障害で負担のある身に代わって、弁護士が保険会社との交渉をしてくれたり、必要な書類の準備もしてくれたりします。適正な等級認定により、慰謝料の増額も可能になるのです。