交通事故と障害等級

後遺障害等級は、交通事故被害で負った後遺障害がどのような内容かを等級で表したものです。1級から14級に分かれた等級は、さらに細かく、数百にも分類されています。条件に合致すれば、後遺障害が等級で認定されるわけです。この等級によって、損害賠償や慰謝料の金額なども決まってきます。等級が上なほど請求できる慰謝料額も上がる可能性があり、後遺障害等級認定の取得は重要な意味を持っているのです。

等級取得の方法には、事前認定と被害者請求の2種類があります。被害者請求は自らで等級認定の申請を行う方法で、事前認定は加害者側の保険会社に申請を依頼する方法です。手続きがより簡単なのが、保険会社に必要な書類を送って一任できる事前認定。ですが、この方法には、適正な等級認定を取得しにくいというデメリットがあります。そのため、事前認定を選ぶ場合は、提出する書類を慎重に準備することが大切です。被害者請求の場合は、手続き自体が面倒なもの。弁護士に依頼することで、余計な手間を省いて、効果的な申請を行うことができます。

適正な等級認定を受けることは、適正な慰謝料請求ができることでもあります。等級認定を受けているかいないかで、数倍もの慰謝料の違いがあるといいますから、大きな違いです。後遺障害は一生にわたって続く負担ですから、そのために得られなくなった労働利益を保証してもらうことも重要です。弁護士に相談することで、続々と出てくる問題を有利に解決していけます。