等級取得の方法

交通事故被害による後遺障害等級の認定は、申請することによって取得できます。申請先は、損害保険料算出機構です。申請の方法には2種類あり、1つは自分で直接申請を行う被害者請求、もう1つは加害者側の保険会社に申請を依頼する事前認定です。より手続きが簡単なのは、事前認定であることから、ほとんどの場合は事前認定にて後遺障害等級の申請が行われています。すでに後遺障害が出ている身で、自ら書類を準備し、被害者請求を行うのは困難です。代理人に頼むとしても、細かな手続きを頼むのにストレスを感じてしまうかもしれません。その点、事前認定なら、加害者側の保険会社に一任してしまえばよいのですから楽です。

ただし、事前認定にも、いくつかのデメリットがあります。適正な等級認定を受けられる可能性が低くなってくるのも、デメリットの1つ。保険会社では、わざわざ後遺障害の記入漏れや医師の見落としについてタッチしません。診断書に書かれた後遺障害についての内容が全てですから、そのまま損害保険料算出機構に書類が送られ、等級の判断がくだされるわけです。戻ってきた申請の結果に異議があれば申し立てはできますが、そのぶん慰謝料の請求も遅れます。弁護士に相談してみると、スムーズに適正な等級認定を取得する方法を選べます。

参照リンク・・・交通事故被害者救済サイト